×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





早朝はかなり強い雨だったが、6時ころから小降りになり、6時30分出発することにする。 ほとんど雨は止んだがガスで山は見えず、天気の回復は期待できない。とりあえずロープ ウエイを利用して姿見の池まで行って見る。すでに多くの人達が旭岳山頂に向かって出発 している。

おにぎりの朝食を済ませて我々も後に続く。視界は全くないが、適当に風があり暑さに苦 しむことなく途中の8合目で小休憩して、9時05分に山頂に到着。30名位の人達で賑わ っていた。ここで記念撮影と15分の休憩後、予定通り間宮岳に向かうべく裏旭野営場に 向かって下る。


ひょうたん沼と旭岳

すぐに雪渓が現れて登山道はなくなる。東北東に方向を決めてさらに下るが、雪渓は 所々凍っていてスリップしやすくかなりの緊張を強いられる。雪渓で冷やされたガスがたち こめて視界は5m程度。これが平地なら方向を見失うと簡単に遭難につながる状況だ。離 れないように皆で固まって行動し、裏旭野営場にたどり着く。

十数人の先行者達は、ここから引き返すことにしたらしい。聞くと、この先間宮岳に向かう 斜面にもかなりの雪渓が残り登山道の確認ができないため、ほとんどのパーテイは退却 したとのこと。旭岳周辺にたちこめる濃いガスは悪魔の囁きを送ってくるが、無理は遭難 のもと、晴れた日にまた花を見に来ればいい、我がパーテイも退却を決める。

しばしの休憩後、雪渓を再び登り返えして山頂に戻る。山頂には2コースの3人娘?(5人 中)が何とビールで登頂祝いをしているではないか(ムムム、無言、、、、)。10時50分、1 3人全員揃って下山開始。途中、この悪天候にもかかわらず、十数名づつの中高年グル ープ×2、十勝岳に縦走する学生数名のグループなど次々と登ってくる。

さすが北海道一の山、旭岳の人気は高い。姿見の池でまたおにぎりの昼食休憩。その後 は、周辺の高山植物をゆっくり鑑賞しながらロープウエイ山頂駅に向かい、15名全員揃 って山麓駅に。その後は温泉に浸かって、生ビールで疲れた身体を労わりました。


白樺荘前にて

≪タイム≫6:30 ロープウエイ山麓駅 7:05〜20 姿見の池 8:05〜15 八合目  9:05〜15 旭岳山頂 9:45〜10:05 裏旭野営場 10:40〜50 旭岳山頂 12:0 5〜30 姿見の池 13:15 ロープウエイ山頂駅

追伸:
1)今年の大雪のため、雪渓はかなりの厚さで広範囲に残り、後一 月で解け切るとも思えずこのまま9月の降雪を迎えそうです。

2)雪渓を歩く時には、簡易アイゼンの使用が安全確保に必要と思 われました。

3)GPSの携帯は必須。夏山といえども甘く見てはいけないという教 訓でした。

2005.7.31(日) 土田 猛

夏と冬を一度に体験した旭岳登山

トップへ
トップへ
戻る
戻る