×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2005年7月30−31日 バス山行報告及び写真解説

報告

参加者(敬称略)

1 裾合平コース L:土田猛、土田清美、小柳幸次郎、小柳敬子、折登一彦、折登孝子、 岩佐浩克、岩佐征子、山崎初男、伊藤寛五

2 旭岳往復コース L:多田俊一郎、多田まさ子、持田明野、中島美穂、須川真希代

白樺荘前

7月30日、8時半、予定通り12条駅発。三笠まで高速、桂沢湖富良野美瑛経由。富良野 農協で買い物。中富良野、上富良野と左手に花畑を見ながら国道を北上。途中、北美瑛 の丘にある公園で昼食。花畑には色々な花が咲き競っていた。

13時白樺荘着、チェックインし、着替えて13時40分ひさご沼散策に出発。散策路入り口 の小川(沼?)には、7〜8cmほどのアメリカザリガニとオショロコマ?が生息していた。ま た、この辺の水芭蕉の葉っぱの背丈が6〜70cmもあったのには驚き第1弾であった。

1時間20分ほど歩いて瓢箪(ひさご)沼着。沼自体は小さくて大した事は無いが、大量の蚊 の出迎えを受け、20分ほどの滞在であったが、ボランテア(献血)と写真撮影をこなした。
16時10分、白樺荘着、温泉に入り、18時より楽しい夕食。19時頃、部屋に戻り、21時 過ぎまで2次会。・・35度の泡盛はうまかったなぁ・・

ヒサゴ沼付近

7月31日(2コースのみ)、天気は朝方まで雨、旭岳は雲の中。
7時朝食、8時白樺荘発、8時25分頃姿見の駅着。姿見駅前の沼を囲む北?斜面には 残雪がべっとりと横たわっていたのは驚き第2弾であった。 
池や高山植物を観賞しながら9時、姿見の池着、避難小屋見学。
姿見の池から300mほど行った所でリーダ(多田)、および持田が足の不調でリタイヤ。リ ーダー代行を多田まさ子とし、中島、須川の3名が霧の中、頂上に向かった。

リタイヤ2人組みは11頃まで、ユックリと池周辺を散策、満開の高山植物を堪能した。駅 の休憩室でコーヒ、ビールを飲み、おにぎりを食し、みんなの帰りを待っていた。

ちなみに、ここで売られている旭岳ビールは「わかさいも本舗」の製造であったのは驚き第 3弾であった。
13時20分頃であったか、1コース10名と2コース3名が頂上で合流して戻って来た。14 時頃、白樺荘に戻り入浴、ビールで乾杯、記念撮影をし、15時5分白樺荘発。

車中にて

車中から美瑛の町見物。
富良野農協で買い物・用足し、高速・岩見沢サービスエリアで、全員でかけそばを食し、札 幌駅北口経由、12条駅到着は18時20分?頃であった。

寄稿 多田俊一郎

2005旭岳バス山行の写真集はこちらです。
(掲載は終了しました。)
トップへ
トップへ
戻る
戻る