×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




秀岳会ニュース No.279


例年より10日ほど遅れて手稲山に初雪が降り、いよいよ冬間近といったところで す。
北大13条通りの銀杏並木もやっと紅(黄)葉が始まりましたが、18号風台風の影響 で葉が落ち、幾分、物足りないような気がします。

さて、今年の夏山は、去る10月2日の雨竜沼散策をもちまして会山行活動を終了 し、ながーい冬眠に入ります。
今年の会山行は、富良野岳周辺(16人参加)、雨竜沼散策(16人参加)のバス山 行2回で、合計32人の参加者でした。
皆様のご協力有難うございました。

 <山行報告>
■10月2日 (バス山行)雨竜沼湿原散策
【参加者】
コーデネェート(単なる世話人) 多田俊一郎、小柳幸次郎・敬子、土田猛・清美、折 登一彦・孝子、今野南穂代、長倉清剛・宏樹・有利・かずほ、原 正治、山崎初男、 中島美穂、須川真希代  計16人。


 07:33 12条駅発(滝川まで高速利用)、09:00 雨竜町着、
 09:45 登山口着、10:00 登山口発(0km)、10:25 白竜の滝着(1.4km)、
 11:20 湿原テラス着(4.1km)、11:35 湿原テラス発、
 12:10 5号目展望台着(5.5km)昼食、12:50 展望台発、
 13:40 湿原テラス着、14:15 白竜の滝着(見物)、14:30 白竜の滝発、
 14:50 登山口着、15:05 登山口発、
 15:55 滝川・ふれ愛の里着、17:05 ふれ愛の里発、
 17:20 高速・滝川インター発、18:30 札幌・北34条駅着、


・括弧内の数字は登山口からの距離です。(雨竜ガイドマップによる)
・札幌から登山口まで高速利用で2時間半である。
・登山口までの道路は暑寒別ダムからは曲がりが多く、幅員の狭い砂利道で、主 観であるが乗用者同士でも行き交わせない所があると思われる。
   (極一部、2車線舗装道路となっている所が有る。)
・強制ではないが、環境美化整備等協力金が一人500円となっている。
・登山届によると先行パーティがあったが、道中、遭遇する事は無く、登山口から展 望台まで往復、16人の貸切であった。
・この時期は花こそ咲いていないものの、季節成りの風情を楽しみ、また、蚊もいな かったので、快適な山行であった。
・滝川ふれ愛の里の入浴施設には温泉の表示は無く、沸かし湯であるが、温泉(湧 出温度25度以上)である事には間違いは無いようです。
雨竜(いきいき館)にも有るがここも沸かし湯です。

<冬山計画>
冬山はすべて個人山行となりますので、計画が上がってきましたら皆様にお知らせ する事に成っています。冬山計画がありましたらご一報お願い致します。

発行: 秀岳会(多田俊一郎)
トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ

NEXT