×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




秀岳会ニュース No.278


札幌は例年になく、30度を越す蒸し暑い日が続いていましたが、お盆頃から、朝夕 は涼しい位になってきました。皆様方におかれましてはお変わりなくご活躍の事と思 います。


■ 山行案内

◆ バス山行 第2弾 雨竜沼湿原散策 10月2日(土)

南暑寒別岳には登らず、5合目の湿原展望台までとしますので、札幌七時半の出 発で余裕があります。夏は緑の絨毯に水玉模様、この時期は黄金色の絨毯に水玉 模様でしょうか、異なった風情もまた楽しからずや。

【日程】 
07:30 北12条駅集合 出発
09:30 登山口(南暑寒荘)
10:00 白竜の滝
10:50 湿原入り口
11:30 湿原展望台
12:20 湿原展望台
13:00 湿原入り口
13:30 白竜の滝 着 (時間があれば滝の下散策)
14:00 登山口
15:00 雨竜市街 着 (この辺で温泉を探し、入浴)
16:30 雨竜市街
18:00 札幌

・参加費:高校生以上1000円、以下無料
・申し込み:多田(6542)
・バスの定員になり次第締め切ります。
・温泉代は各自負担


■ 十勝山系バス山行報告(富良野岳周辺バス山行)

◆ 7月24日〜25日

@コース 富良野岳往復
 L:長倉清剛、みゆき、有理、かずほ、今野南穂代、真壁正孝、大垣光子 計7人

Aコース 上富良野岳〜富良野岳縦走
 L:多田俊一郎、まさ子、長倉宏樹  計3人

Bコース 上ホロカメトック山〜富良野岳縦走
 L:土田 猛、清美、小柳幸次郎、敬子、山崎初男、折登孝子 計6人

  山行参加者合計16人、 +バス運転:川上さん



◆ 24日 晴れ。9時55分 12条駅出発

バスにはカーテンが無く、窓に新聞紙をカット判で貼って、日よけを作った小柳さ ん。三笠まで高速、桂沢湖経由で富良野へ向かう。途中、三段の滝で休憩。
12時富良野着、農協で液体燃料(飲み物)を仕入れ、13時10分頃上ホロ荘着。
25日は雨の予報で、登山できないかも知れないという事で、16人全員で三段山に 登る事とし、ここで登山装束に変身。(L:土田 猛)

雨は降っていなかったが、稜線から上はガスの中、全員が登頂に成功した。
13時45分 登山口発、15時10〜20分頂上着、15時45分 頂上発
17時15分 登山口着、17時30分 上ホロ荘着。
(時間は5分ほど誤差が有ります)
温泉入浴後、18時30分から20時30分まで、飲み物持込みで夕食。

25日は、富良野岳は雲がかかっていたが、三峰山から十勝岳にかけては予報に 反して晴れ。(やはり、メンバーの中に伝説の晴れ男がいるようだ)
各コースに分かれて登山を楽しんだ。(苦しんだ人もいたようだ)
15時10〜30分 @〜Bコース入り乱れて? ばらばらに登山口着。
温泉で汗を流し、(飲める人は)ビール(地ビール500円)で喉を潤し、17時 上ホロ 荘発、19時40分 札幌着。

肉体的には大変だった人もいた様ですが、高山植物は満開、雨にもあたらず、更 に思いがけず三段山にも登れ、満足して頂けたのではと思っています。


・宿泊: 上ホロ荘(登山後の入浴付き)
・参加費: 中学生以上12000円、小学生9000円。
・コーデネート: 多田

上ホロカメトック山〜富良野岳縦走
Bコースの山行記

発行元:秀岳会(多田)
トップへ
トップへ
戻る
戻る
次へ
次へ