×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





バス山行「大雪山系黒岳周辺」報告       土田 猛
大雪山山行報告、銀泉台〜赤岳〜白 雲岳〜黒岳コース、

2003.7.27(日)

L:土田(2)、岩佐、小柳(2)、大垣の 計6人

  4:30H       かんぽの宿
  5:20H       銀泉台
  6:05T       第一花園
  6:15T       第二花園
  6:35〜55    奥の平、朝食
  8:00〜10    第四雪渓
  8:22〜40    赤岳
  9:26T       白雲岳分岐
 10:05〜50    白雲岳、昼食
 12:00〜10    北海岳、

多田パーテー未到着、電話連絡もと れず、時間的なことも考えて下山する ことにする。途中で、パーテーからず っと離れて登ってきたファミリーを吸収 して下山する。

 12:45〜13:05 彼らの昼食タイ ムを取る。
 13:58〜14:20 黒岳石室、トイレ タイムや記念撮影など
 14:45〜50    黒岳
 15:45        黒岳リフト
 16:45        黒岳ロープウエ
 17:00        かんぽの宿で温 泉入浴
 17:45H       かんぽの宿
 20:30T       札幌

気がついたこと:
(1)今年は寒い日が続き、雪渓がい つもより残っていて、そのぶん高山植 物を楽しむことができた。白雲岳より 見た、(後)旭岳の残雪のゼブラ模様 は素晴らしかった(写真参照)。

(2)あまり休憩を必要としないペース でゆっくり登った。絶好の登山日和で ばてる人もなく、花や風景など心ゆくま で楽しめた。

(3)足並みのそろわない人たちによる パーテーの構成と登山のやり方に問 題が残った。今後の課題である。
トップへ
トップへ
戻る
戻る
次へ
次へ