×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





愛山渓温泉




沼の平、そして雨、雨、
8月1日(土)

15時、バスで愛山渓温泉に到着。宿に荷物を置いて、雲井が原湿原散策に出かける。昨日 の降雨はなかったようで道は乾いていた。15分程で到着した湿原は小規模だが、タチギボウ シ、トキソウ、ワタスゲ、ホソバキソチドリなどの湿原性植物が満開。曇り模様だが、永山岳や 愛別岳が迫力ある姿を見せ、山を背景に記念写真を撮って戻る。
 温泉入浴後は低カロリーの夕食弁当。それでも、アルコールが入ると、会話は弾み交流会 は21時半過ぎまで続いた。


雲井が原湿原1


雲井が原湿原2

8月2日(日)

夜半の雨も上がり、何とか予定通り登山ができそうだ。カッパの上下を着込んで、6時45分出 発。清水沢沿いコースは、比較的良く整備されていて問題はない。1時間ほど歩いて、昇天の 滝を見ながら休憩。この頃から小雨が間断なく降り続く。次の村雨の滝は左岸を高巻く。高度 感もありコース中一番の要注意箇所だろう。滝ノ上分岐で永山岳へ向かうコースと別れ、沢か ら尾根に上ると、平坦地になるが登山道は冠水していた。靴の中は既に水浸しだが、もう一度 気合を入れ直して、沼の平へ向かう。木道を進むと、やがて誰もいない五の沼に着く。標高1 400mの高層湿原にはタチギボウシ、リンドウ、ウメバチソウ、ナガ゙ホノシロワレモコソウ、モ ウセンゴケなどが見られたが、圧巻は雪渓の辺のチングルマとエゾコザクラの群落だ。色とい い、大きさといい、これだけ新鮮な?チングルマは久しぶりだ。記念写真を撮り、六の沼に向 かうが雨脚が強くなり、気温も下がってきたので、ここから退却することにする。今度は三十三 曲がりの尾根コースを下るが、冠水した登山道は、まるで沢の中を歩いているようだ。やっと 滝コースに合流した時には、土砂降りの雨。11時に下山するや、みんなで温泉に駆け込ん だ。


五の沼

今回は泥んこ道の雨中登山だったが、不思議なことに誰一人愚痴もなく、満足顔のようでもあ った。「サバイバル登山のようでおもしろかったよ。」といわれた時には、わが秀岳会メンバー の逞しさと思いやりに感謝した。初参加の3人は次回もきっと参加してくれるでしょう。13時、 たくさんの洗濯物を下げて、早めの帰宅になりました。皆さんご苦労様でした。


昇天の滝

追伸:今夏の長雨、天候不順に、ついに秀岳会山行もたたられました。ここ十数年なかったこ とです。登山用具の整理、乾燥に2日もかかりました。


寄稿 土田 猛氏
トップへ
トップへ
戻る
戻る